お部屋のインテリアとしても重要なこたつ布団

こたつは、寒い日の必需品です。夏の季節は普通のテーブルとして利用し、冬はその上にこたつ布団をかけて使用しているお宅は多いのではないでしょうか。我が家でも家族が集まるリビングでこたつを使用しています。その際、こだわっているのがこたつ布団です。リビングの雰囲気を壊さないよう、素材や柄、色にこだわって、できるだけオシャレな布団を選ぶように心がけています。また、汚れたときはもちろん、お部屋の雰囲気を変えて気分転換したいときなどのために、何枚か替えも用意しています。購入する際は、インターネットの通販ショップやカタログ通販を利用しています。安く購入できるのはもちろんなんですが、品揃えが豊富なので、自分の好みのデザインや色の商品を選びやすいのが魅力だし、まとめ買いをすれば送料も無料で届けてもらえるのでとても助かります。これからもお気に入りの空間を演出するために、素敵なこたつ布団をいろいろ探して、寒い冬に備えたいです。

冬の幸せ、こたつ布団

冬といったら必ずお世話なるのがこたつ布団です。そしてこたつ布団に必須なのが掛布団です。自分なりの掛布団を買う際のオススメポイントはリバーシブルかどうかと洗えるかどうかの二点です。まず、リバーシブルをなぜお勧めするかと言うと、裏と表を買えるだけで部屋の印象をがらりと変えられるからです。なかなか部屋のインテリアなど変えないので、選択したタイミングで、まるで部屋の模様替えをしたかのように印象が変わるのはとってもありがたいし、女子力が上がっている気がします。そして選択できるかどうかという点は、いつでも清潔に保てるからです。汚れたら洗うというのではなく、布団を干すような感覚で1~2週間に一回は洗濯していると常に気持ち良く使うことができます。それを機に念入りにこたつの下も掃除機がかけられますしね。撥水加工などいろいろなオプションがありますが、特にこの二つは必須です!

冬の終わりにこたつ布団を洗おう

冬が終わりすっかり春となりました。少し遅くなりましたが、ようやくこの季節になってからこたつ布団をしまいました。冬場の間、家族全員、大変お世話になったものです。さて、布団をしまおうとたたんでいると、布団にいくつかのシミがあることに気付きました。我が家ではこたつを囲んで食事を食べていましたので、こぼしてしまったりとんでしまったシミです。冬場でも時おり日干しにして衛生状態を保っていたつもりですが、あらためて見るとその年の汚れが目立つわけです。これまでは日干しにするばかりで洗うことはありませんでしたが、衛生的に考えればよくないことなのでしょう。そこで今年は布団を洗えるコインランドリーで洗ってあげることにしました。こたつ布団は実は汚れがたまりやすいものです。冬場にたまった汚れを全部落として、来年もまたがんばってもらいます。

安眠・快眠をしたいと考えているお客様へ、弊社の特別な寝具をご提供しております。 日本人にしかできない和晒しガーゼ! 触れてみれば分かる究極の肌触りを持つガーゼケットは当店自慢の商品です。 サービス概要は、眠りに関する悩みや相談の受付と、冷え性への対策をしたオリジナル寝具の販売をしている会社です。 和施しガーゼケットのシングルサイズを9900円にてお届けいたします。 布団屋が考えたこたつ布団です。