デザインソファーについて考えてみる

デザインソファーを購入したいけど種類も多くてどう選べば良いか分からないという場合があります。そういう場合は自分でデザインする気になって計画する必要があります。

ソファーをデザインするにはまず部屋の大きさを知る必要があります。バランスが取れているか確認する為に寸法を入れて図面上に表します。ソファーを除いた家具や照明器具、テレビやテーブルなどの配置も同時に検討します。

ソファーには1人掛けから3人掛け、L字型などあるのでどれを採用するかで徐徐に計画が決まって来ます。
ソファーだけでベッドも兼用できるタイプのものもあります。ワンルームなどの場合には場所も取らず便利です。その場合にもある程度の余裕を持つことが大切です。

そこへ座る場面を想像してどういう用途で使用するのかを自分又は家族の身になって描いてみます。場合によってはそこで寝る場合もあるでしょうし、来客もありますので形や高さ、長さ、すわり心地、肘掛のあるなしも大切な要素になります。

ソファーを選ぶときは保守などの点で手入れのしやすさなども関係して来ます。
デザインを選ぶには色彩と肘掛、脚の形、ボリューム感、素材感など検討事項になりますので、実際に家具店や展示場へ行ってすわり心地を体験するのが良いものです。

素材にもファブリックやビニールレザー、本革など色々あるので予算や好みによって選ぶことができます。

ファブリックは布貼りのものをいい、色彩も豊富に揃っています。ふっくらした手触りの良さに特徴があり、光の加減で表情の変わるものもあります。但し、汚れやすいという欠点もあり、カバーをかけたりしてクリーニングに出す方法も取られます。

本革貼りは美観的にも優れ、高級感があり耐久性があるので長持ちします。反面臭いのきついものもあり、人によっては気になることもあります。

革貼りソファーは伸縮性に優れ、本革よりも加工がしやすくて耐久性もあるので子供さんのいる家庭では好まれる傾向にあります。その合皮素材は色々な色に染められる特徴があります。

ビニールレザーは低価格でありながら機能面は劣らず耐久性にも優れるという特性を持っています。
直射日光は避けたほうが変形や変色も少ないとされます。

ソファーの色はモダン、ナチュラル、シンプルなどその部屋の色に合わせてインテリアとして統一した基調が好まれ同系色や補色の関係の色を選ぶと調和がとれます。

長い年月の間には柔らかい素材のクッション性はだんだんと衰えると考えていたほうが良いでしょう。

当社がお届けするソファは、ソファプライベートタイムを充実させてくれる究極のソファです。ただ「座る」のではなく、お部屋の雰囲気を作り上げるデザイン性の高いソファを販売しております。大人の想像力や遊び心をかき立てる照明器具をご用意。個性豊かな空間を演出します。シンプルでありながらも、周りの目を引くデザインの家具を豊富に取り揃えております。座るだけで感動することができるソファです。デザインソファーならイグスタイルファニチャー